本格派は危険?

登山を始めて最初はキツイと思う人も多いと思います。そのキツさを乗り越えてくると今度は楽しくもなってくるものです。登山以外でも同じ事が言えると思います。他の事でもキツイのを乗り越えてもっとと「欲」が出てくるはずです。無理な身体の酷使の仕方をしなければいいのがほとんどだと思います。登山ではその欲の部分が自分の身を危険にさらすことになってしまうんです。

山を登るだけなのになんて、思っていたら「命」も落としてしまう可能性も出てきてしまいます。ニュースなどで登山している人が行方不明になるのを見た事ありませんか?自分はそうならないは「過信」でしかありません。誰でも遭難してしまう危険があるのが山なんです。登山を楽しむ事のできる山は、一般的に登山道と呼ばれる道があるのはわかると思います。その登山道を通っていれば確かに大丈夫なんです。その山を登っていて楽しいのは、最初の頃だけだと思います。慣れてきたら登った事がない山へ挑戦する事を考えるでしょう。

本格派の人は、どんどん大きな山へ挑戦するようにもなるはずです。本格派の人でも、登った事のない山では「素人」だと思っていた方がより慎重になると思います。でも、経験をしてきた事が自信にもなるでしょうから、きっと山の攻め方を変えてしまったりすると思います。その行動は自殺行為に近いとも言えます。どれだけ経験がある人でも山をなめている人はいません。

本格派が新しく挑戦する山を選ぶときには、注意が必要だと思います。山は危険な場所でもあるんだというのを再認識しておくといいと思います。遭難以外でも「クマ・ハチ」など野生動物が住む場所へ行っている事を忘れないで、覚えておくべきでしょう。

ファッションだけでの人は「流行」に敏感な人だとは思います。本物の山ガールは流行だからの人と同じにされても気にならないと思います。「山」が本当に好きだから、周りからの見られ方よりも「山」どう楽しむかを考えていると思います。山の魅力を知って好きになってくいくのはすごくいい事だとは思います。本物志向が強すぎると「日本一の山・富士山」を登る事を目指してしまいますよね。

本物志向すぎると「山が恋人」になんて事にもなるかもしれませんね。山の魅力を広めたりする楽しみ方も知っておくといいと思います。